関東一社 桐生西宮神社
ホーム新着情報由緒えびす講例大祭桐生の神社桐生の神楽西宮総本社リンク集

桐生の神楽

   

白瀧神社太々神楽

 

 白瀧神社に伝わる神楽の起こりは明らかではないが、面の大半は江戸時代のものと考えられる。 記録としては、明治20年の「太々神楽施行願」があり、明治31年の「神誠流大和太々神楽座記録」には十二座の舞と、舞人の名が記載されている。

また、舞人の心得が記された、十条からなる議定書も残されている。 現在伝えられている神楽は、記録に残る十二座の内、式舞五座・興舞四座の計九座であり、囃子は太鼓・長締太鼓・笛の二鼓一管で構成されている。 白瀧神社の神楽は、代々川内地区に住む長男が継承してきたが、戦後の一時期に衰退しかかった。しかし昭和27年ころ青年有志が古老から受け継ぎ、今日では神楽保存会も組織され、毎年8月6日・7日の例祭に奉納されている。

賀茂神社太々神楽(宮比講社神楽)

賀茂神社に伝わる神楽は宮比講社神楽と呼ばれるもので、文化12年(1815)に当時の神宮である飯塚伊豆正が発起したといわれている。 神楽には式舞と狂舞があり、ともに十二座で計二十四座となっている。とくに、狂舞の「屑紙拾い三番叟」は他に見られないめずらしい神楽となっている。

 明治維新で一時中断されたが、明治15年ころ再興された。その後、昭和40年代に衰退しかかったが、昭和48年に神楽保存会が組織され、青年有志が古老から受け継ぎ、今日におよび、毎年春(4月14日・15日)、秋(10月15日に近い日曜日)の例祭に奉納されている。

 

ebisusama

著作制作:桐生西宮神社